スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットが娘、息子という方へ

私のブログを見て、同じくペットを飼っている方に
いつか来る別れへの不安の思いや、
いつか来る悲しい現実を、突きつけてしまったのでは
ないかと思います。

でも、ララちゃんに次いで、二匹目の我が子キャンディを失った今、
少しわかったことがあるんです。

ペットが娘、息子という方へ(長文)

子供がいない私にとって、
キャンディは私たち夫婦に小さな娘が出来たような
感じでした。

そして、以前亡くしたララちゃんは、
独身時代に一人暮らしで仕事に疲れ、
将来への不安もあったときに癒され
結婚してからの環境が変わった時もずっと
そばにいてくれた存在でした。

皆さんもそれぞれ、その子への強い愛情、思い入れが
あると思います。

ペットはたいてい自分よりも寿命が短く
自分よりも先に亡くなるのはわかっていますが、
実際そのときが来るまで、想像もつきませんでした。

でも、今回わかったことは、ペットを飼うことは
その子の一生をゆだねられて、
元気で困るようなときから、死にゆくときまで
見守るすべてだということです。
キャンディが亡くなってしまったことは、不幸なことでは
ありません。
どの子にも来る普通のことなのです。

ペットが亡くなって、救われるのは楽しい思い出です。
始まりがあって、終わりがある中に
幸せな時間がいっぱいあることです。
そして、それを思い起こしてくれるのは
一緒に遊んだ友達と、写真や動画でした。
そうです。
最後に亡くなった事が、
その子のすべてでは決してありません。

私のブログを見て応援してくれたり、
コメントくれたり、メールくれたり、
お友達は家に来てくれたり、お葬式に来てくれたりと、
私が暗く、深い穴に落ちそうになるのを
助けてくれた
皆様に、僭越ながら、
いつか来る別れのときに少しでも落ちこまなくなる
アドバイスをさせてもらえばと思います。

○写真を撮り、我が子の楽しそうな姿を残しましょう。
○遠出やイベントには動画もたまにはとりましょう。
○ペットにこんなことを?と思われても気にせず、ペットと思う存分楽しみましょう。
○ペット友達を作りましょう。
○ストレスになるくらいしつけに困ったら、ペットにあたらずプロの方に相談しましょう。たいてい自分に原因があります。
○しつけが出来たら、いろんなところに連れて行けて思い出が増えます。
○歯磨きをしましょう。
○人間もそうですが、肥満が一番健康を損なうそうです。おやつをあげたらその分運動させるか、晩ご飯を減らしましょう。


○病気になったら、治療法を悩みましょう。その子の求めているのは何か考えましょう。正解は無いけれど考えて、悩んだ過程があることが大事です。
○動物病院の先生には馬鹿だと思われてもいいという勢いで、なんでも質問しましょう。先生方もそれを望んでいらっしゃいます。
○最後は自宅で看取るか、病院で看取るか、家族で話し合っておきましょう。
○自分の出来る範囲で一緒にいる時間を増やしましょう。
○息を引き取るときにはそばにいてあげましょう。しっかりと見届けることで、現実を受け入れられます。
○つらいときは、友達に話しましょう。または、私のようにブログに書きましょう。明確にすることで、どうすればいいかもわかってきます。

○亡くなってしまったら、お経を読んでもらい、火葬しましょう。
私は北海道動物霊園で人間と同じく個別火葬して、お骨を拾いました。
古くからされている儀式は、やはり心を整える効果があります。
○ブログなどで、亡くなったことをみんなにお知らせしましょう。みんなが救ってくれます。
○インターネットでペットロスなどを検索して見てみましょう。
虹の橋を読みましょう第三部の雨降り地区も読みましょう。
○お骨の歯やつめなどを別にして持ち帰り、ペンダントなどに入れると
今まで連れて行けなかった仕事先でもどこでも一緒に行けます。
○楽しかったときの写真や動画を見ることは、亡くなった事がすべてではないことを証明してくれます。
○人間同様、四十九日にお経をあげるのはお勧めです。区切りがつき、虹の橋で楽しくしてもらえるようになります。
○悲しい気持ちにつけこんで、高額な商品を売りつけられたりしないよう気をつけましょう。
○自分の納得できる供養をし、心無い人の言うことは心が貧相でかわいそうだと思いましょう。


私は、悲しい思いをするからもうペットを飼わないとは
思いません。
生きて死ぬということは、自然のことであり、
人間にもあてはまる事です。
ペットの一生を見て、命のはかなさを教えてもらいました。
私たちも同じ命。終わりがあります。
最後の別れ以上に、楽しい日々の価値ははるかに大きいのです。
私の人生をとても豊かで、充実したものにしてくれます。
私に友達を与えてくれ、人の優しさを教えてくれました。
ペットの一生を充実させてあげることは、同時に
自分の人生を充実させることに等しいと思います。

とはいっても、まだ、気持ちの浮き沈みがあり、
いろいろと考えてしまう時もありますが
それは、時が解決してくれるものと思っています。
長々と私の思いを読んで頂きありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

No title

ハイ~♪



そういう気持ちがよくわかります。

我は3匹の愛猫、1匹の愛犬が亡くなったという経験があります。今は5匹の犬と1匹の猫がいます。



ですが、自分はもう年なので飼い主が先に死んでしまったらこの子たちがどうなるかと心配するので、これ以上飼うのをやめています。



10年ぐらい前、友だちは新しい子犬を引き取りに動物管理所へ行った時、飼い主が亡くなられた犬がいて心が痛みました。


  • 2009-11-27 07:45
  • URL
  • 森都 仁 #79D/WHSg
  • Edit

No title

森都さん☆

Hi!

ロスはまだ暖かいですか?

こちらはキャンディが旅立った日に雪が降りました。



ありがとうございます。

同感してくれてうれしいです。

動物管理所にペットが来る原因のひとつが飼い主が亡くなったり、

いつ退院するかもわからない病気で入院したり、

施設に入らなければならないことだそうですね。

自分がいなくなった時のことも、考えておかなきゃですね。



HPで森都さんの愛犬、愛猫を拝見しました。みんな可愛いですね

森都さんはヒゲがあるほうが素敵!

そして、やさしい友人に囲まれているんでしょうね。

私はネットから垣間見る森都さんの生き方に、ひそかにあこがれています。
  • 2009-11-27 23:20
  • URL
  • lily_cafe #79D/WHSg
  • Edit

No title

私も、ペットが亡くなるつらさを経験していますので、

すごく気持ちが分かりました。また、動物も人間も、

一番大事な事は、「どう死んだか」ではなくて、

「どう生きたか」だと思っていますので、ゆりさんの文を

読んで、すごく共感しました。



毎日、健康に生きていられる事、

それがすごく幸せな事なのに、なかなかそれに気付かない

人が多いです。誰かが亡くなった時や重い病気にかかって

初めて、そのありがたさが分かるもんです。

2年前に私が入院した時、それを痛感しました。



今は、毎日を楽しく生きたいと思っています。

幸せは、ずっと心に残るものだと思うから
  • 2009-11-30 19:41
  • URL
  • ちゃち #79D/WHSg
  • Edit

No title

ちゃちさん☆

共感してくれて、ありがとう。

キャンディと過ごした楽しい日々は、

私の中に宝物として残りました。



キャンディのことで、健康への意識も高まりました。

健康ってやはり大切ですね。



一度しかない人生、

毎日に感謝して楽しく生きたいですね。



今は、ふと思い出しては涙ぐんでしまうときもありますが、

キャンディのためにも、自分のためにも

すこしづつ元気になろうと思います。
  • 2009-12-01 20:50
  • URL
  • lily_cafe #79D/WHSg
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

LUMIX写真日記

LUMIXで撮った写真日記も更新中! ↓クリック!!↓

プロフィール

優しいオットと

トイプードルのプラネット

マルチーズのリボンと

過ごす日々の幸せ探し日記

LilyCafe**Yuri

Author:LilyCafe**Yuri
Yuriの好きなもの・・・
可愛いワンコ
バレエ
海外旅行
ディズニープリンセス
ロマンティックなもの
フリフリにリボン

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

THANKS!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。